2021-04

スポンサーリンク
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『宮本武蔵』 【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】二千冊の中から(少なくて本当に恥ずかしいですが)作家がオススメする本、第4弾、吉川英治作『宮本武蔵』。新聞紙上で連載時、最高発行部数を誇り、原稿が届くと編集さんたちがまず先を争って奪い合ったという伝説の連載です。娯楽小説でありながら、ビジネスにも人生にも、深い勉強になる本です。
『少年と怪物』

「さいごの会話 〜娘と母のありふれた物語〜」 【少年と怪物】

「さいごの会話 〜娘と母のありふれた物語〜」『少年と怪物』第11環。殺される少女と母親のさいごの会話。もし、あのときにこうしていれば、もし、あの時にああ言えば、少女はまだ生きていたかもしれない。最初の犠牲者はいかにして怪物と出会ったのか。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」『少年と怪物』第10環。江利はイジメっ子グループを倒したインチョーについて、翌日から聞きまわった。昼休みに一人で読書をしていることを突き止めるが話しかけらず、網船磯に行こうと決める。怪物と出会うと知らずに。「不思議なふたり」最終章。
【材】

「刀を買いました」 【材】第2材

「刀を買いました」。武器シリーズ第5弾。刀の仕様と、握力トレーニングについて少し。
【世界の名言】

「不滅の精神」 【世界の名言】一覧

【世界の名言】一覧です。
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『ウォッチャーズ』【作家がおすすめする本 〜 人生を豊かにする本〜】

【人生を豊かにする本】『ウォッチャーズ』 二千冊の中から作家がオススメする本、第3弾です。極上のエンターテイメント作品であり、ページをめくる手が止まらなくなります。孤独な男トラヴィスが森の中で拾った犬には、不思議に知性のきらめきがあったというあらすじですが、果たしてこの犬はなんなのか。犬が怯える森にはなにがあるのか。犬好きの方にも、そうでない方にもぜひ読んでほしい一冊です。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」『少年と怪物』第9環。少年はイジメっ子のボスを一撃で泣かした。話すこと、やること、江利にはすべてが驚きだった。少年の名はインチョー。友達の名はダイ。そして謎の言葉〔猫の頭〕。不思議なふたりは乱暴者たちをやっつけても、誇ることも、喜ぶこともなかった。ただ、誰にも喋るなと、そう言った。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました