【少年と怪物】

長編冒険小説。
小学校六年生の仲良しグループ〔失われた世界〕は、輝きに満ちた一年を過ごすはずだった。しかし苛烈な運命が彼らを否応なく運んでいく。

スポンサーリンク
『少年と怪物』

「遭遇3 〜それ〜」 『少年と怪物』

第15環。少女は、展望岩の上から見かけた不思議な生物を探す。好奇心もあったが、見つければ初恋の少年と仲良くなれるかもしれないからだった。怪物は、暗闇の水底から浮かびあがる。惨劇の幕があき、最初の犠牲者である少女の環は閉じた。
『少年と怪物』

「遭遇2 〜展望岩と廃穴〜」 『少年と怪物』

『少年と怪物』第14環。東京湾の出口にある網船磯は、太平洋戦時、軍事拠点として利用された名残りが随所に見られる。怪物が誘われた理由には、そうした地形の条件もあった。少女は不気味な気配を感じながらも、初恋の少年を探し、怪物と出遭う。
『少年と怪物』

「遭遇 〜水切り〜」 『少年と怪物』

『少年と怪物』 第12環。母親とケンカし、家を飛び出た少女は磯へ行く。初恋の男の子に会うために。磯の生き物を見つけ、水切りをし、暇をつぶす少女。怪物は少女をじっと観察していた。
『少年と怪物』

「さいごの会話 〜娘と母のありふれた物語〜」 【少年と怪物】

「さいごの会話 〜娘と母のありふれた物語〜」『少年と怪物』第11環。殺される少女と母親のさいごの会話。もし、あのときにこうしていれば、もし、あの時にああ言えば、少女はまだ生きていたかもしれない。最初の犠牲者はいかにして怪物と出会ったのか。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」『少年と怪物』第10環。江利はイジメっ子グループを倒したインチョーについて、翌日から聞きまわった。昼休みに一人で読書をしていることを突き止めるが話しかけらず、網船磯に行こうと決める。怪物と出会うと知らずに。「不思議なふたり」最終章。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」『少年と怪物』第9環。少年はイジメっ子のボスを一撃で泣かした。話すこと、やること、江利にはすべてが驚きだった。少年の名はインチョー。友達の名はダイ。そして謎の言葉〔猫の頭〕。不思議なふたりは乱暴者たちをやっつけても、誇ることも、喜ぶこともなかった。ただ、誰にも喋るなと、そう言った。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 3」『少年と怪物』

『少年と怪物』第8環。「不思議なふたり 3」。いじめっ子グループは以前から少年を狙っていた。少年たちが行方不明の小さな男の子を助けて、新聞に載ったからだった。金を要求するイジメっ子たち。応じない少年にボスである考が殴りかかる。江利はすべてを見ていた。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 2」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 2」 『少年と怪物』。第7環。六年生の乱暴者四人組に少年は囲まれていた。少女は、巻き添えを食わないよう逃げようとする。不思議な少年は、怒鳴られても、何をされても黙っていた。連れの友達は笑っている。少女にとって初めて出会う、不思議なふたりだった。
『少年と怪物』

「不思議なふたり」『少年と怪物』

「不思議なふたり」『少年と怪物』第6環。少女は出会う。初恋の男の子と。田舎の小学校。夏休みまえ。六年生のいじめっ子たち。喧嘩。男の子は静かにつ。
『少年と怪物』

「四月 飛行体験」『少年と怪物』

「四月 飛行体験」『少年と怪物』第5環。タイムスポット。記憶。少女は空を飛ぶ。生首となって。パンの香り。父親と自転車を練習したこと。家族で富士五湖に遊びに行ったこと。少女は短い人生の終わりに走馬灯と怪物をみる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました