「遭遇2 〜展望岩と廃穴〜」 『少年と怪物』

網船磯画像 『少年と怪物』
スポンサーリンク



少年と怪物



四月



展望岩てんぼういわ廃穴はいあな


 
 ももの裏を、暖かく濡れたものにめあげられ、江利は悲鳴をあげた。

 野良犬が黒い目で見あげていた。太い尻尾を振っている。

 大人ほども大きく、江利はたじろいだが、犬の瞳は賢そうだった。
 江利はあまり犬に詳しくなかったが、ハスキー犬のようだった。

 江利はぐるりを見回した。


「あんた、飼い主は?」

 犬は陸のほうへ何歩かいくと、振りかえった。

 「なに、ついてこいって?」

 犬は歩きだすと、また立ち止まった。

「だめよ、人を探してるから。会うまで帰れないの」



 網船磯あみふないそは、登るのに大人でも苦労する大きさの屏風岩がそこらにあって、子供たちの格好の遊び場となっている。

 なかでも最大のものが《展望岩てんぼういわ》と呼ばれていた。
 高さ約二十メートル、長方形の上に正方形を重ねたような形をしている。



photo by Michael Treu

 
 
 
 犬が〝早くこい〝というように吠えた。

「ダメ、つぎは展望岩にのぼって遠くまでみてみるの」

 江利は北東方向にある展望岩を目指し、屏風岩をこえていった。

 ついてこないとみると犬は、江利のうしろをついてきた。


 潮にひたるきわヽヽでは、滑らないよう足の底すべてに等しく力をかけねばならない。

 腕をゆるく伸ばし、腰だめにかまえ、重心を低くとって移動するのがコツだ。

 網船の子であれば誰でもできる歩き方で、何度も滑るうち自然と身につく。

 
 
 一メートルほどの幅の広いたまりがあって、江利は助走をつけて跳んだ。

 着地で踏んだ岩が動き、バランスを崩し、片方の足が膝まで水につかる。

「ああ、くそっ」

 母親の怒る顔がまた浮かんだ。

 よく見れば、踏んだのは加工された岩だった。


 太平洋戦争時、東京湾の入り口にある網船磯は、大日本海軍の主要な防衛拠点、駐屯地だった。

 ここで米軍を食い止めねば、東京湾に侵入され、首都まで一直線だ。

 何層ものバリケードに似た、独特の形状である屏風岩は、守るにうってつけの地形だった。

 磯には小舟を通す水路、中型の軍艦も入港できる隠し港が造られた。

 戦局が進めば、潜水艦も配備されるはずで、軍船の造船所も建造予定だった。

 

photo by David Mark

 

 海漁町かいりょうちょう網船区の隣の区戸立とたて区だけは唯一手つかずで、屏風岩は国定記念物に指定されているが、そこをのぞいて、広大な磯の全域に軍の仕掛けがほどこされた。


 また当時の名残なごりである軍の遺物は、町中や山中にも存在している。


 たとえば無数の防空壕だ。


 戦後になって、国の役人や民間の歴史研究家が幾度となく調査におとずれたが、あまりの数の多さに把握を断念、危険な穴のいくつかをコンクリートで塞ぐ程度に処置はとどまっていた。


 無用の長物と化した避難壕も、網船小の児童たちからすれば“ドキドキする、面白い、変な穴っぽこ”といったところだが、崩落の危険があり、野生動物の棲家すみかにもなりやすい。
 学校は、立ち入り禁止と、児童たちに言い渡していた。



photo by Samantha Lachs

 
(もしかしたらインチョーは、防空壕にいるのかな)と考えるうちに、江利は展望岩の下についた。
 
 角度がきつく、頂上は見えない。

 犬がすこし離れた場所で舌をだしていた。


「なによ、やめろっていうの? おまえがのぼれないからでしょう」

 江利は岩に手をかけた。


(男の子たちはみんな登ってる。大丈夫。気をつければ危なくない)


 最初が肝心だと聞いていた。

 右足を、腰より上にある岩のでっぱりに引っかけ、地面を蹴って、思いきり頭の上に左手を伸ばす。 


(とどいた!)


 頭上にある岩をつかんだ。そのまま懸垂けんすいをするように体を引きあげる。

 肩と腕の筋肉が熱くなり、痛くて、離してしまいそうになる。

 
 だがここさえクリアすれば、頂上まではたいしたことはないらしい。男の子たちがそう話していた。

 岩は冷たく、手の平が痛んだ。

 腕と足に力をこめ、なんとか岩場に乗った。
 
 あおむけになり、激しく息をつく。
 
 手のひらをすりむき、服も汚れてしまった。

 
 江利は、火傷したあとの残る手のひらをはたいた。
 
 二歳のときに、コンロにかかっていたやかんを誤って倒したときの傷だ。

 
 男の子たちの話は本当で、あとはアスレチックを登るより簡単だった。
 
 二分とかからずに頂上へ着いた。

 
 てっぺんに立つと、春特有の勢いのある風が吹きつけた。

 
 ずっと先まで見えた。だいぶ先まで潮が引いている。

 大きな波が岩にぶつかって砕け、真珠のような泡を何度も空中にまいた。

 沖にタンカー船が四隻、動いていないように見えるほどゆっくり帆走はしっている。

 高所で強さを増した風が火照ほてった体に気持ち良かった。
 伸びをすると、汗に濡れたわきがひやりとした。

 
 江利は頂上を時計回りに、四方を探した。狭い網船区のすべてが望める。

 北には、校歌に歌われる《奥名山おうめいやま》が堂々とそびえている。
 
 山全体が鮮やかな緑で、山の両肩から視界いっぱいまで稜線りょうせんが伸びていた。まるで大きな城壁だ。
 
 海と山のあいだの狭い土地に、畑や田んぼ、それに森、あとはまばらに家が建っている。ちらほらと人の影が見えた。

 やはりここは、山と海に囲まれた狭い土地だと江利は思った。

 
 江利は磯をもう一度探そうとへりに近づいた

 高い場所から真下をみおろすと、体が浮遊したような錯覚につつまれた。

photo by Dimitris Vetsikas

 
 

 下方に何かが見えた。
 その瞬間、下から突風が吹きつけた。

 
 江利は崖下に落ちそうになり、叫び声をあげて、しゃがみこんだ。

 
 心臓が激しく打ち、冷や汗をかいた。


『脳みそはプリンくらいの柔らかさだ。ノウショーヽヽヽヽヽという液体に浮いてるんだ』

 
 理科の水やりドクロの話を思いだした。
 あの先生は、いつも気持ち悪い話ばかりする。

 
 空中に泳ぎだし、頭から地面に落ちて、プリン色の脳みそが飛び散る姿を想像し、江利は気分が悪くなった。


 目眩めまいがおさまると、今度は四つん這いで崖の縁へ寄り、頭だけをのぞかせた。

 
 すこし離れた場所に、異様なものがある。正方形に近い穴だ。
 家が三、四軒もすっぽり入るほど大きい。
廃穴はいあな》だ。 


 穴といっても、海水が満ちている。
 海軍が造った人工物の中でもひときわ巨大で、周囲の自然から浮いている。
 地上に黒い穴が空いたようで不気味だった。

 岸に近いにもかかわらず、けたはずれに深く、底がうかがい知れない。
 なんの為に造られたのか、誰にも用途はわからないそうで、絶対に近寄ってはいけないと学校で言われている穴だ。

 海と接していないのに水をたたえているのは、とても深いところでつながってるからだそうだ。

 江利は目をこらスト、さっき見えたものヽヽヽヽヽがいないか探した。
 波が立たないはずの廃穴の水面が、大きく揺れている。波が寄せ、穴のまわりの岩が濡れていた。

 
 さきほど、一瞬だったが大きな何かが廃穴に沈んでいった。

 
 潮がひくように興奮が冷めていき、江利は、夢から覚めて現実にもどったような気がした。


(何かの生き物? でもあんな大きな生き物って)


 圧力を感じたほどの巨大さ。
 急に、独りでいることが心細くなった。


 しばらく見ているうちに、水面は静かになった。


(とにかく降りよう)

 
 そして早く家に帰ろうと江利は決めた。
 
 頑固な江利がそう思ったほど、不気味な何かだった。



「遭遇3 〜 それヽヽ 〜」へつづく



・目次『六年生のあゆみ


コメント

タイトルとURLをコピーしました