「不思議なふたり 2」 『少年と怪物』

踊り場画像 『少年と怪物』
スポンサーリンク

※表紙画像 冴崎

少年と怪物


四月


不思議なふたり 2

「おら、さっさとどけよ! こうちゃんが言ってんだろ、邪魔なんだよ! てめえ何年だこら」
 隣りの、ホクロが顔中に散らばる六年も言った。
 赤いジャージの六年は、噛みつくまえの犬そっくりに、鼻にシワをよせている。

 
 言われた少年は、廊下の真ん中で立ったままだった。


(はじを歩けばよかったのに。かわいそう、怖くて足が動かなくなっちゃったんだ)
 江利は思った。


 赤のラインが入った黒ジャージを着ている少年は、怒鳴りつけられてもじっと黙っていた。

 小さいといっても江利より背は大きく、学年も上だ。

 たしか五年生だ。顔に見覚えがあった。

 ただ、イジメているほうの六年生たち、とくに先頭の子は中学生並みに大きい。



 わたしも早く逃げようと、江利は後ずさりした。ぐずぐずしていると自分まで危なかった。

 女の子はあまり殴られることはないが、ぐずぐずしているとトンボやカブトムシ、悪くするとムカデが髪にからまることになる。



「おい、なんだてめえの目は。ちっちゃくて、それでちゃんと見えてんのかよ。なあかず
 考ちゃんと呼ばれた坊主頭が、嫌らしい笑いを浮かべた。


「そうか、こんなに目が細えんじゃ、きっとおれたちがここにいるのもわかんねえんだな! おーい、見えてますか!」
 和というホクロ顔が少年の耳元でがなると、少年の目の前で手をひらひらさせた。
 

 全員が笑った。

 
 この四人は、人の欠点を一瞬で見つける名人だった。

photo by Stefan Keller

 
 ただ、少年の目はたしかに細かった。それを細めているので、線のように見える。

「髪もぐっちゃぐちゃだな。おめえ、ちゃんと頭洗ってんのか? お、くせえ! くせえぞ!」
 考が笑いながら鼻をつまんだ。

「おい、ゴミ頭! おめえ五年だよなあ?」

 三人めの、体操服姿で肌がとても黒く、太った六年が言った。


「ああ? ガンよ、それってもしかあの調子にのってるやつらか」
 考が言った。

 
 江利は二階への階段の陰にすこしずつ隠れようとしていたが、不思議なことに気がついた。

 
 いじめられっ子の友だちだ。その子は、この場にいるだれより背が高かった。
 
 肩幅も広く、高校生のように背が高く、ジーパンとTシャツ姿で余計に大人っぽく見えた。
 
 けんかしたら強そうだが、離れたところで壁に寄りかかっている。

 

 そこまでは不思議ではない。
 自分もやられたくないなら、黙って見ているのがいい。

 妙なのは、そのノッポの子が笑っていることだった。

 友だちがいじめられているのを、面白そうに見ている。


(あのひと、絶対殴られるわ。関係ないふりでしょうけど、絶対殴られる)


 見ているこちらが落ち着かなくなる顔だった。

 巻きこまれたくないなら、絶対に笑ってはいけない。

 
(もしかしてけんかするつもりなのかしら)江利は恐ろしくなった。
 先生を呼びにいったほうがいいのかもしれない。


 でも、けんかになるのは考えられないことだった。小学生にとって学年の差ひとつは、将軍と兵士ぐらい違う。口をきくのも許されない。
 六年生からすれば五年生などアリンコだ。
(四年生であれば、吹けばどこかへ飛んでいくほこりだ)

 
 江利は早鐘のようにうつ胸をおさえ、動けずにいた。職員室はこの廊下の先にあり、外から回らないといけない。


 そこまで考えて、もうひとつ不思議なことに気がついた。


 いじめられている少年が、あまりに動かないことだ。

 泣きだしもしなければ、謝りもしない。
 
 それどころか動きもしない。


 じっと黙ったままのその少年から、なぜか江利は目が離せなくなった。

 それはイジメっ子たちも、背の高い友だちもおなじようで、なぜか全員が、その少年を見ていた。

 不思議な少年だった。

次回「不思議なふたり 3」へ続く

目次「六年生のあゆみ」


コメント

タイトルとURLをコピーしました