『悩みについては、その性質を知り、対処する』

【シン説】
スポンサーリンク

『悩みについては、その性質を知り、対処する』

 

のっけから話はだいぶ飛ぶ。

 

 

第一次世界大戦の折、
ドイツ軍の潜水艦が猛威をふるった。

 

名をUボートといえば、思い当たる人がほとんどだ。
元々はドイツで潜水艦全般をあらわす言葉だが、多大な戦果をあげた為、第一次大戦から第二次大戦で生産されたドイツ軍・潜水艦をしめすようになった。

 

当然、それに対抗すべく連合国のあいだでも潜水艦の開発がはじまる。

 

 

あるアメリカ人青年、仮に名前をマイクとするが、
マイクが配属されたのは、この初期設計段階の潜水艦だった。

 

※この話は有名であり、デール・カーネギーの著作などにも載っているので、さらに詳しく知りたい方は参照されたい。

 

 

潜水艦を舞台にした映画は多く、ご存知の方も多いと思うが、
潜水艦とは、陸海空・全軍のなかでも最低の、劣悪な環境といわれている。

 

まして潜水艦の初期となれば、推して知るべしである。

 

一か月のあいだ、水浴びすらできず、定期的にノミとり粉を股間や脇の下にかけ、
ビタミン不足で壊血病になる。

 

臭いは運動部の部室どころではない。

汗、糞尿、腐った食べ物。

 

激烈だ。

 

寝床は上体を起こさず、畳1枚に2人が寝るスペースしかなく、寝返りもうてない。

 

マイクはそのような潜水艦に配属された。

 

軍属になる前のマイクは、若いながらも人生に絶望していた。

 

どんな仕事をやってもうまくいかず、友達もできない。

 

低賃金でヘトヘトになるまで長時間働いても、生活するのがやっと。

 

そしてかれは、人生において決してやってはいけない【なんとなく】で参戦を選択した。

 

厳しい訓練を終えた初出動の日、かれの乗った100人乗りの潜水艦は、
運悪く、敵の駆逐艦に発見されてしまう。

 

当時、おおよそ深度500~600メートルで発見されれば、100%の撃沈率と
いわれていたなか、
マイクの乗る潜水艦が発見されたのは深度200メートル。
絶対絶命の浅さだった。

 

 

 一切の物音が許されないなか、海底で息をひそめるマイクら乗組員たち。

 

駆逐艦の投下する機雷の爆発音が、近くなったり、遠くなったり、ズズン、ズズンと艦を揺らす。

 

 

当時の潜水艦は非常にもろい外殻であり、直撃せずとも、わずか20メートル先で機雷が爆発すれば、艦は沈む。

 

薄い鉄の壁一枚へだてたむこうの、おそるべき水圧がひたひたと感じられる。
 冷たく、暗く、酸素のない世界だ。

 

1時間、2時間とすぎても、敵が去る気配はなく、機雷の音が響きつづける。

 

そのあいだ、マイクら乗組員たちは死の恐怖に耐えつづけた。

 

次の一発、いやその次の一発で大穴があき、海水がなだれ込んでくる。
その鮮明すぎる映像が、爆弾が響くごとに眼球にうつる。

 

 

ようやく敵があきらめ、去っていったのは、12時間を過ぎたころだった。

 

マイクら乗組員は死の海底から生還したのだ。

 

マイクはほどなくして除隊、故郷にもどり、ふと、あることに気づいた。

 

いままでの自分の悩みが、かけらもなくなっていたこと。

 

 

あの地獄の12時間が、自分の人生をまったく変えてしまったこと。

 

 

自分は、いままでなんというちっぽけなことで、悩んでいたのか。

 

いったいなぜ自分で自分を苦しめていたのだろうか。

 

なぜ、とるにたらないことで絶望していたのか。

 

 

マイクはその後、会社を興し、大成功をおさめる。

 

ひるがえってわたしたちにおきかえたい。

 

マイクの中で、いったいなにが変わったのだろうか。

 

 

あるひとつの悩み、その大きさはだれにとっても変わらないという話がある。

 

ではなぜそれで、いっぱいになってしまう人と、受けとめられる人がいるかといえば、
それは、器の大きさがちがうからだ。

 

こたえはここにある。

 

 

マイクの中でなにが変わったのか。

 

それは器だ。

 

器が大きくなったのだ。

 

 

器についてもまた、深く論じる書物もなければ、身につけるための教育体系もなく、
(正確には、「あるのだがまったくとりあげられることがなく」)
わたしはここを明確にして、世を去りたいとおもうが、
さまざまな書物を読み、さまざまな方と話をしてきたところ、器を大きくする要素は3点ある。

 

それは、広さ、高さ、深さである。

 

器はこの三つの視野でみねばならないのだが、これはまた長くなるので、別の機会に語りたい。

 

 

マイクの器に起こったのは、広さの広がり、そして深さの深まりである。
(器について気になる方は、拙記事の『価値観とは位置を把握する力』も参照されたい)
『価値観とは位置を把握する力』
『価値観とは位置を把握する力』 この話は有名で、デール・カーネギーの著作などにもおさめられているが、 1930年代の、アメリカのある主婦の話をしたい。 彼女は、ごく普通の家庭...

 

 

悩みには性質がある。
対処法もある。
性質を知ることで、対処法もわかる。

 

対処法がわからないから、悩みはおそろしい。
悩みについて知らないことが多いから、人はおおいに不安をおぼえ、避けたいと拒み、むやみやたらに目をそむけてしまう。

(昔は雷の原理がわからず、恐ろしかった。だから雷の神様を創造し、神様がやっているとした。未知→恐怖の対象。既知→恐怖ではない)

 

悩みについては、現代以降、先々でおおきな社会問題になるだろうから、おりおりでとりあげたいが、
悩みというのは、視野の狭い人、視野の低い人に、好んでとりつく、そんな性質もある。

 

 

 

マイクのような体験をすることで、悩みを消す方法は現実的でないが、

 

悩みというものの性質を知ることが、まず対処への第一歩となる。

 

マイクの例を読むだけで、悩みにはひとつ、強くなれる。
╋━━━━━━━━━━━━╋

コメント

タイトルとURLをコピーしました