2017-06

【書く力】~ 文章がみるみるうまくなる方法 ~

「神の公式」(中編)【書く力】~ 文章がみるみるうまくなる方法 ~

自分の頭の悪さに絶望 前回までのあらすじ 『作家になろうと決意したが、その第一歩で、みごとにうちのめされてしまった。 理由は簡単。 文章技術が難しくて、理解できないのだった。。』 つづき わたしのように、国語の成績...
【シン説】

『小さなこと、簡単なこと』

講演にて 終わったことは抜けてしまう頭のようで、 どこで講演をしたか忘れてしまったが、 「若者よ、いまこそ大志を抱け!」 というような調子で、学生を主体とした場で熱っぽく語ったことがある。 講演後は質問の嵐。 ...
【シン説】

『人間の本質』

 AIをご専門にされている、東北大学の乾(いぬい)健太郎教授とお会いした。 最先端のAIについて学べたが、ずいぶん世間にひろまっているイメージと現実に差があると知った。 誇大広告のことを「ハイプ」というのだが、 まさにいま、A...
【シン説】

『あ・た・ま』

「あ・た・ま」 北城恪太郎(かくたろう)さんという方がおられる。 元・IBMアジア・パシフィック・プレジデント兼日本アイ・ビー・エム代表取締役会長であり、 全国経済同友会の代表幹事から終身幹事になられた方であり、 いまは...
【シン説】

『未来を生き抜く力、バランス力』【シン説】

『未来を生き抜く力、バランス力』 一度読んだ本は、二度と読まない。 それどころか、悪書であると判断をつけたら途中でやめるほど本好きのわたしだが、 ごくまれに、くりかえし読む本にであう。 そのひとつが、吉川英治先生の『...
【書く力】~ 文章がみるみるうまくなる方法 ~

『神の公式』(前編)【書く力】~文章がみるみるうまくなる方法~ 第1回

なにも作家を目指すということだけではなく、 書く力をつけることは、 すべての方々にたいへん役立つから、 イロハのイから学べるツールがあってもいいじゃないか、 そのような思いでこのカテゴ...
【シン説】

『人と笑いと賢さと』

先日、会社の朝礼で、 「人と動物の違いは、未来がわかるかどうかだ」という話をした。 ライオンは、今日インパラが食えればいいのであって、 10年後、インパラが食えなくなるかもしれないと思って、食料をためこんだりし...
【シン説】

『強いようでもろい』

経済同友会の東北ブロック会議にて秋田にいった際、 千本倖生(せんもとさちお)さんにお会いした。 auの前身である第二電電公社を、稲盛和夫さんと立ち上げた方だ。 電電公社(現NTT)の独占を崩そうとお二人で決意され、 ...
【シン説】

『利他』

「私利私欲」という言葉がある。 人の為になりたい、 人を助けたいという志はとても立派だけれども、 ともすればやはり人間、 我が身が可愛い。 だから私欲に走るし、私利をもとめる。 だがこれも人情とい...
【シン説】

『怒るより叱れ。叱るより、信頼せよ』

怒ると叱るのちがいは、 社会にだいぶ浸透してきたように感じるが、 あらためておさらいすると、 カッとなってしまうのが怒る。 カッとなってはいないけれど、 きつく言わねばこの人にはわからないだろうと思って、言うの...
タイトルとURLをコピーしました