『怒るより叱れ。叱るより、信頼せよ』

怒ると叱るのちがいは、

社会にだいぶ浸透してきたように感じるが、

あらためておさらいすると、

カッとなってしまうのが怒る。

カッとなってはいないけれど、
きつく言わねばこの人にはわからないだろうと思って、言うのが叱る。

もうすこし分類すれば、

感情的になってしまうのが「怒る」、

理性的に相手のためを思うのが「叱る」だ。
(憎まれ役をかって出ようと思う気持ちは「叱る」である)

怒るはくどくどと、ときには何カ月も長続きし、

叱るはすぐに話を切り上げられるので、時間でも区別がしやすい。

怒る、叱るでは、忘れられない話がある。

おそらくデール・カーネギー氏の『人を動かす』に載っていたのではないかと思うが、

このような話だ。

60年ほど前、

有名なテストパイロットで航空ショーの花形だったフーヴァーというパイロットは、

あるとき、サンディエゴで航空ショーをすませ、ロサンゼルスの自宅に飛んでいたところ、

三百フィートの上空で、エンジンが両方ともパッタリと止まってしまった。

たくみな操縦で、そのまま着陸したものの、機体は全壊した。

緊急着陸後、フーヴァーがはまず、燃料を点検した。

フーヴァーが思ったとおり、

プロペラ機に、ガソリンではなく、ジェット機用の燃料が積まれていた。

翌日、飛行場にもどったフーヴァーは、整備を担当した男を呼んだ。

若い整備士は、自分のミスを悟って、無言でとめどなく涙を流していた。

高価な飛行機が壊れたばかりか、危うく操縦士の命が失われようとしたのだから、ショックは当然だ。

フーヴァーの怒りは、想像にあまりあり、このような言語道断の過ちをおかした男を、

誇り高きベテランパイロットが、手ひどくののしったとしてもまったく不思議はない。

ところがフーヴァーは、怒らなかった。叱りもしなかった。

整備士の肩に手をかけてこう言った。
「君は、二度とこんなことをくりかえさない。わたしは確信している。

確信している証拠に、明日、わたしが乗る機体の整備を君に頼もう」

若い整備士は、フーヴァーの言葉を生涯忘れることはなく、

名整備士に成長した。

若い整備士が、もし言い訳をしたら、

すぐにも解雇されたことだろう。

だがフーヴァーは、整備士が心から反省していることを見抜き、

みずからの命が失われかけた事実さえ、絶大な意志力でおさえつけ、

若き整備士の人生を劇的に、前向きに転換させた。

このようなエピソードは、一生で一度あるかないかだ。

だが、フーヴァーのとった行動が巡り巡って、この日本で60年もの時をこえ、

口の端(は)にのぼる。

フーヴァーの度量を目指すことはたいへんむずかしいけれど、

たがいに失敗があったとしても、一個の社会人として、

怒る心ではなく叱る心で、ともに前をむいていければと思う。

広い心で、相手の立場にも理解をしめす努力は、忘れずにいたい。

たとえ相手がわからずやで、

心にぐさりとなる言葉をいわねばならなかったとしても、

「次は改善していこう」と、最後は明るくしめられる心の強さを

もちあわせていきたい。

今日のひと言
人を成長させるもっとも強い力は、信頼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする