スポンサーリンク
『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 5」『少年と怪物』第10環。江利はイジメっ子グループを倒したインチョーについて、翌日から聞きまわった。昼休みに一人で読書をしていることを突き止めるが話しかけらず、網船磯に行こうと決める。怪物と出会うと知らずに。「不思議なふたり」最終章。
【材】

「刀を買いました」 【材】第2材

「刀を買いました」。武器シリーズ第5弾。刀の仕様と、握力トレーニングについて少し。
【世界の名言】

「不滅の精神」 【世界の名言】一覧

【世界の名言】一覧です。
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『ウォッチャーズ』【作家がおすすめする本 〜 人生を豊かにする本〜】

【人生を豊かにする本】『ウォッチャーズ』 二千冊の中から作家がオススメする本、第3弾です。極上のエンターテイメント作品であり、ページをめくる手が止まらなくなります。孤独な男トラヴィスが森の中で拾った犬には、不思議に知性のきらめきがあったというあらすじですが、果たしてこの犬はなんなのか。犬が怯える森にはなにがあるのか。犬好きの方にも、そうでない方にもぜひ読んでほしい一冊です。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 4」『少年と怪物』第9環。少年はイジメっ子のボスを一撃で泣かした。話すこと、やること、江利にはすべてが驚きだった。少年の名はインチョー。友達の名はダイ。そして謎の言葉〔猫の頭〕。不思議なふたりは乱暴者たちをやっつけても、誇ることも、喜ぶこともなかった。ただ、誰にも喋るなと、そう言った。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 3」『少年と怪物』

『少年と怪物』第8環。「不思議なふたり 3」。いじめっ子グループは以前から少年を狙っていた。少年たちが行方不明の小さな男の子を助けて、新聞に載ったからだった。金を要求するイジメっ子たち。応じない少年にボスである考が殴りかかる。江利はすべてを見ていた。
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『道は開ける』【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『道は開ける』【人生を豊かにする本】二千冊の中から、作家がおすすめする本、第二弾です。「悩み」について困っていませんか。コロナの中で何を読めばいいかと聞かれたら、真っ先にすすめるのがこの本です。悩みについてよく知り、対処する。たくさんのエピソードでわかりやすく説明してあります。
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『道をひらく』【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『道をひらく』【人生を豊かにする本】。作家という職業、そして二千冊を読んだ中から、オススメの本を紹介するカテゴリーです。今回は経営の神様と呼ばれた松下幸之助翁の本を紹介。人生で何を大事にしたらよいのか、人生で何を重要としたらよいのか、簡潔な言葉と新鮮な目で語られています。前を向く力、元気がもらえる本です。
『少年と怪物』

「不思議なふたり 2」 『少年と怪物』

「不思議なふたり 2」 『少年と怪物』。第7環。六年生の乱暴者四人組に少年は囲まれていた。少女は、巻き添えを食わないよう逃げようとする。不思議な少年は、怒鳴られても、何をされても黙っていた。連れの友達は笑っている。少女にとって初めて出会う、不思議なふたりだった。
【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『佐藤一斎 「重職心得箇条」を読む』 【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本〜】

『佐藤一斎 「重職心得箇条」を読む』 【作家がおすすめする本 〜人生を豊かにする本】第5本め。人はだれでも自分の人生のリーダー。役職者だけでなく、誰しもに読んで欲しい傑作。これを読めば行動や言葉遣いの大事さが、なぜ人生を分けるのかがわかる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました