「 【シン説】 」一覧

『心の段階』

『心の段階』

技術の習得はマニュアルがあり、体系になっているが、心についてはついぞ、そのようなものがない。だが人は、心という主人にふりまわされて、日々悩みもする。重い物をもてば体が強くなるのと同様、心についても鍛える方法論というものが必要だろう。また将来、心の技術はたいへん重要になるだろう。

『言葉に救われる』

『言葉に救われる』

なにげないひと言が、人の運命を変えることがある。たったひとつの文章が、生き方を激変させることがある。水泳コーチをしていた20代半ばのとき、クロールを習いにきたカナヅチのおばあちゃんが、わたしにかけたひと言。冴崎伸のブログ『人を活かす言葉』より【シン説】『言葉に救われる』

『職場というもの』

『職場というもの』

およそ仕事をしているのであれば、人生の大半を会社で過ごす。1日の8時間以上を過ごすこれは、ほぼ丸一日といってさしつかえない。しかしこの長い時間を過ごす場所が、劣悪である場合が多い。豊かな人生を過ごすためには、職場環境の改善が不可欠だ。では改善とは具体的にどういったことをいうのだろう。現代人の豊かさを考える。

仏説『父母恩重経』※抜粋

仏説『父母恩重経』※抜粋

普段はあまり意識しない両親のこと。成人したとき、子どもをもったとき、この父母恩重経を読めば、ちがった思いが必ず生まれる。むろんすべての人にあてはまるわけではないけれど、知っておきたい親の気持ち。親への感謝の気持ち。

『美しさ』

『美しさ』

美しさとはなんだろうか。すべての道で追求されるものであるが、その本当の姿は定義できない。しかし人は、小難しいことを知らなくても、美しいものは美しいと感じとることができる。冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】、【シン説】より『美しさ』。

閑話休題『記憶に残った話』

閑話休題『記憶に残った話』

真面目な話ばかりでもあきたので番外編である。その昔、一緒に働いていた先輩からきいた、忘れられない話。目をひくほど不思議ではないけれど、なぜか心の安らぐ話だった。作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】。【シン説】番外編『記憶にのこった話』

『金、株、漁師』

『金、株、漁師』

金というものに、人はとかく右往左往させられる。古今東西、それは遥か昔から変わらない。だが果たしてそれは本当にいつまでもつづくのだろうか。いまこの時代こそが、転換期をむかえているのではないか。『金、株、漁師』作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】、【シン説】。

『小さなこと、簡単なこと』

『小さなこと、簡単なこと』

熱い志、目標をもつ人にぜひ知ってほしい、小さな事とは。難しい事、たとえば夢をかなえるためには、簡単なことをおろそかにしてはいけない? 作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】。【シン説】『小さなこと、簡単なこと』。