『目標・試練・成功は一体』

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
三年ほどまえ、

東京だったと記憶しているが、

『人生を変えるきっかけ』というような演題で講演をした際のこと、

終わりに質問時間があった。

たくさん質問をいただくなかで、

20代前半くらいの男性からこのような質問をいただいた。

『人生を変えたいと思っているけれど、

いろいろな人の話を調べると、全員に不幸が起きている気がします。

不幸が起きて、そこから伸びる。

わたしは平々凡々と生きてきて、

そのような目に遭ったことがないので、

自分はとびぬける人にはなれないのではないでしょうか』

要約するとこのような形で、

わたしとしては非常にうなづけた。

たしかに傑出する人物には、

次々に災難が降りかかる傾向にある。

それも偉大であればあるほど、

ひどいという共通性も見える。

それは、偶然とはいえないほど高確率で、

質問者の男性が、必須条件と思ったのも無理はない。

わたしが偉人になるかどうかはまったく別として、

我が身におきかえても、

わたしに起きた心臓病や火事などは、

いまでは大した不幸ではないと思っているが、

人生が変わるきっかけといえば、きっかけ以外の何物でもなかった。

こたえは、

「そのとおり」といったところで、

返答に窮するが、

道はある。

成功者の自伝を多数読むと、それは見えてくる。

傑出する人物を生むには、

いくつか共通点があるのだ。

そのひとつが「目標の高さ」である。

どこを目指しているか、

これは、人の器を決める大きな要素で、

成功者はなぜか皆、目標が高い。

そうして目標を高く設定すると、

これが苦難につうじるのが、この世の面白いところだ。

たとえば掃除を例に挙げると、

50世帯の地域を清掃したいと目標に掲げるのと、

50万人都市をキレイにしたいと目標に掲げるのとでは、

アプローチがまるでちがってくる。

50世帯の地域であれば、

自分ひとりで、数日~1週間もあれば清掃できるかもしれない。

しかし50万人都市となると、

一人の能力では不足する。

まずたくさんの人の協力をあおがねばならない。

伝達のための書類を作ったり、

事務所を設置したり、

機材の手配や、計上の仕方など、

山のようにひもづいてくる。

おなじ仕事であっても規模がちがえば、

やることはまるで違うのだ。

 ↑↓
そして、当然ながらそれらひとつひとつで問題も起きる。

人と人の摩擦のような大問題まで起きる。

つまり目標を高くもつ、
それだけでさまざまな種類の難関がぶつかってくるのだ。

だからわたしはこうこたえた。

「安心してください。

目標を高くもつと、自然に苦難がやってきます」

自分でもうまいこと言えたと思ったが、

こうしていま文章でふりかえると、

説明が足りないうえ、

ちょっと合掌くさい。

のぼりゆく人生というようなものに魅力を感じる方は、

目標を高くもつことをおすすめしたい。

どこを見ているか、ただそれだけで、人生はまた変わる。

今日のひと言
目標が苦難を呼び、苦難が成功を呼ぶ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする