『悲しみについて』後編

※前篇からのつづき。

かぎられた時間で、

かの人物の真意に近づく方法、そのひとつは、

その人が、何によって悲しむかを知ることだ。

実行したことがある人もすくないだろうが、

相手の悲しみについて知れば、

その人生観を深く知ることができる。

つけ加えるなれば、

いかに有能でも、誠実に見えても、

フィーリングが合ったとしても、

たとえどれほど偉い立場にあろうと、

悲しみのない人間はこわいと思う。

名家に生まれ品行方正、社会的地位もあれば、裕福でもある。

おおらかで笑顔をたやさず、だれにも気さくに接する。

だがそんな人間であるからこそ、悲しみの持ちあわせがすくないことがある。

人の苦しみに共感できないことがある。

いろいろある人生の中で、

恨みつらみに負けずに、

笑いながら生きている。

自分に余裕はないのだけれど、

おひとよしに他人の重荷までしょいこんでしまう。

他人の苦労話に、おもわず泣いてしまう。

そんな人がやっぱり人に好かれるのであって、

泣かない強靭さではなく、

泣きもすれば笑いもする人にこそ、

人々は好感をもつ。

だれしも悲しい目にあいたくない。

それが人間のもつ素直な思いで、

親は子を泣かせたくないし、

恋人や結婚相手には、いつも笑っていて欲しい。

だが悲しみについてすこし視野を広げれば、

悲しみは、

ある程度まで味わっていくべきではないだろうかと思える。

人に好かれる要素だと気づく。

世の中には、地獄のごとき、

味わわなくてよい悲しみがあるのも確かだが、

むやみやたらにすべての悲しみをさけようと、

躍起になることはないのではないか。

悲しみを必要以上におそれる必要はないのではないか。

悲しみを知る人間、

人の悲しみに涙する人間がまた、

人に好かれていくからだ。

今日のひと言

悲しみもまた、豊かな人生をつくる
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする