『こたえがあってはいけないもの』

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

学校の問題集にはじまり、

おそらくは生きることの意味に集約されていき、

人間はあらゆるものにこたえを求めつづける。

人間という生き物が本来そなえている欲求なのだと思う。

知恵の輪があればはずしてみたくなるし、

クイズがあればこたえを知りたくなる。

好奇心がなければ、あらゆる動物の中で、

人間だけがここまで発展することはなかっただろう。

だが知的好奇心が、

宿主である人間を苦しめることがあることは、

ほとんど知られていない。

なぜその仕事をするのか、

しあわせとはなにか、

結婚したほうがいいのか、独身のほうがいいのか、

よき人生とはなにか。

こうしたものに対するこたえは、

人それぞれでまったくちがう。

にもかかわらず、

定義づけようとするこころみがやむことはないし、

また、わたしたち自身も、

なんとかしてこたえを見つけようとする。

たとえば仕事。

こうした言葉がある。

「額に汗して、一生懸命働くのが仕事」

そうすれば充実するし、

幸せであるというようなニュアンスを含んでいる。

ではそれが、

毎日10時間はたらいて、手取り10万円の仕事だったら?

わたしたちは1日のうちで、

わずかな時間しかデスクにつかないのに、

他人の何百倍も報酬を得ている人たちがいることを知っている。

それどころか労働せずとも、

大金持ちの人間がいることも。

それを知り、

なお仕事の充実は額に汗することだと、

言い切れるだろうか。

選ばれた人だから、

能力がちがうからと、心底から納得できるだろうか。

だれしもがわかっている。

世の中はひとつの言葉でくくれるほど、

単純ではない。

こうした気の利いたセリフもある。

「こたえは自分自身で、自分にあったものをみつければいいんだよ」

わたしに言わせれば、これはたいへん難しいことだ。

幸福とか正義とか、

百万人いれば百万通りもこたえがあるような難問に対し、

自分自身にあった答えを探せなんて、至難の業だ。

だから最近、わたしはこう思う。

世の中には、こたえを求めてはいけないものがあるのではないか。

こたえのないこともある、

それを知ることこそが重要なのではないか。

仕事の意義、しあわせ、人生等、前述したものはすべてそれだ。

それらには、こたえがないのではない。

あってはいけない。

こたえがあれば、当然そこには定型がある。

こたえがあるのであれば、

そこからはずれたものはすべて不正解になる。

仕事、人生、豊かさ、幸せなどには、こたえがないのではない。

こたえがあってはいけない。

だれかがこたえを見つけ、これを終わらせてはいけないのだ。

いつの間にか、わたしたちは、

すべてのことに、こたえがなくてはいけないと思い込んでいないだろうか。

すべてが明確でなくてはいけないと思い込んでいないだろうか。

そんな狭い視野の社会になっていないだろうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする