『職場というもの』

『職場というもの』

およそ仕事をしていれば、人生のある時期から、大半の時間を会社ですごす。

丸1日という言葉があるが、8時間から14時間の勤務は、
丸1日と表現してさしつかえない。

おおげさに形容すれば、わたしたちは1度きりしかない人生の、
貴重な時間、その大半を会社に費やしている。

だからこそ職場が、汚なかったり、いい加減だったり、
あるいは人間関係が悪かったりすれば、これはよくない。

「豊かに生きたい。幸せに生きたい」

こうした気持ちはだれしもに共通していて、
だからこそ、人生の時間、すなわち会社での滞在時間にはこだわって、
より気持ちよく、より充実させる必要がある。

わたしたちは本能として、それを求めているからこそ、

会社のいろいろが目につくのだ。

たとえば清潔さ。

汚いところ、においのあるところで長く生活する人生が、
豊かで幸せといえるだろうか。

だから、毎日少しずつ掃除をし、週末にまとめて掃除をする時間をつくる。

作業着もこまめに洗濯する。机もきれいにする。

(ただし、とてもできる人たちの机は、
えてして、散らかっていることも多いので、
そういった散らかり方には好感をもっている)

たとえば挨拶。

毎日半病人みたいな顔で出社し、念仏のような調子で挨拶をする。

「暗さは自然、明るさは意思による」
そいう言葉があるが、
朝の表情にはとりわけ気をつけたい。

不機嫌な人間がひとりいるだけで、朝のさわやかさをぶち壊すに
充分だ。

たとえば人間関係。

コミュニケーションもない。

仲間の好きなことも、嫌いなことも知らない。

個人情報が強く守られる世の中だけれども、
やはり、ある程度うちとけてきたのであれば、
一般に、きいてさしさわりのない情報くらいは、
おなじ場所で長くすごすのだから、
仲間のことは知っていたい。

(と、ここまで書いても、それは個人情報漏えいとなってしまう
世の中なのが、物悲しい)

たとえば集中力。

8時すぎから1日がはじまり、エンジンがかかるのはいつなのだろうか。

集中力のないところに、充実は生まれようがない。

妥協するところに、豊かさは生まれようがない。

豊かさ、幸せは、ゆるい雰囲気や、なあなあと反発する。
爽やかさや明るさ、楽しさをそなえた、ストイックから生まれるものだ。

そんな雰囲気を、職場につくれているだろうか。

人間、すぐには変われない。

だがすこしずつ変えていくことはできる。

相手のためだったり、チームのためだったりすれば、
おもいのほか、早く変われる。

なぜ変わらなければならないかと問われれば、

それが、自分自身のためだから。

立ち止まる人間には、おなじ景色が見えている。

歩む人間には、新しい景色がひらける。

それを信じて、良い職場にしていく努力を惜しまずにいきたい。

今日のひと言
人生の長い時間を過ごす場所には、こだわる
╋━━━━━━━━━━━━━━━━╋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする