閑話休題『記憶に残った話』

閑話休題『記憶にのこった話』

かたい話ばかりでも飽きるので、

今回はまったく関係ない話をしたい。

昔、ある職場で、Hさんという男性と一緒にはたらいていた。

もと保険の営業マンで、そこから塾の先生になり、

現在は65歳くらいかとおもう。

Hさんはちいさなころ、イボに悩まされていたそうで、
とくに手がひどかった。

裏も表もかなりあったとのこと。

嫌で、嫌でしかたなく、学校には手袋をして通っていたそうだ。

そのHさんが中学二年生のときに、ご実家の、九州のおばあさまが亡くなられた。

当時は交通網も整備されてはいないから、

横浜在住だったHさんはおばあさんとめったに顔をあわせたことがなく、

とくに悲しいということもなかったそうだ。

おばあさんの家は九州北部の海岸にあり、
Hさんはお葬式のあいまに、海を見にでかけた。

遠目からみても、素晴らしい景色だったそうで、

草地の高台から、海が一望できる場所があった。

Hさんはそこにつくと、嬉しくなって駆けだした。

が、そこでだれかにグイと、えりもとを引っ張られた。

ふり返ったが、だれもいない。

変だなと思って、ふたたび前をむき、驚いた。

冗談ではなく爪の先、もうわずか先が、目もくらむ高さの断崖絶壁だった。

血の気がひき、腰が抜けたそうだ。

あまりに死を間近に感じたことがショックだったのか、Hさんはその日から熱をだした。

横浜へもどってからようやく熱がひくと、

不思議に手のイボがきれいさっぱり、なくなってしまった。

Hさんはこう言っていた。

「おばあちゃんが助けてくれたんだろう。ついでにイボもとってくれた」

Hさんはそう信じている。

不思議な話だ。

理屈には合わない。

だがそれでいて、なにか一貫した流れを感じとれる。

その昔、雷は神様が怒っているんだとしかわからなかったものが、
放電だとわかったように、

この世は3次元どころか4次元で、それどころか11次元であるということまで、
わかってきた時代だから、
こういう話にもいずれ、科学的な説明がつく日がくるのかもしれない。

新しいことを発見すると、また謎がでてくる、本当によくできた面白い世界だから、
そうしたさきで、またどのような地平がひらけるのか、とても楽しみに思う。
今日のひと言
『なんにつけ、われらが知っていると思っていることは、ごく一部分にすぎない』
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする