『人と笑いと賢さと』

先日、会社の朝礼で、

「人と動物の違いは、未来がわかるかどうかだ」という話をした。

ライオンは、今日インパラが食えればいいのであって、

10年後、インパラが食えなくなるかもしれないと思って、食料をためこんだりしない。

人間は未来が感じられるからこそ、苦悩するという話だ。

それだけでなく「笑い」もまた、人と動物を大きく区別する。

犬は、飼い主が帰ってくれば尻尾をふり、
全身で喜びをあらわす。

猫はのどを鳴らし、足にすりよってくる。

どちらも、おもわず、こちらがほほえんでしまうが、

犬も猫も、こじゃれたジョークで人を笑わすことはできない。

動作や鳴き声にユーモアを感じたとしても、それは人間側が感じているだけである。

だが人だけは、ねらってこの「笑い」をひきだす力をもっている。

お笑い芸人の方の話術をみていると、すばらしいなと思う。

あたりまえだが、笑いにはいろいろな力がある。

ストレス解消、仕事をうまく回す力、人間関係の潤滑剤・・・。

なにより、笑えば心が軽くなる。

おやじギャグだけは、やや冷遇されている風潮だが、

よくよく見聞きすればあれも「にくめない人」という範囲内であって、

もしおやじギャグを本気で嫌う人がいるのであれば、

狭量なそちらのほうを心配してしまうのは、わたしだけか。

ちなみにおやじギャグは、

脳科学でいえば、自己抑制力が睡眠不足や加齢などで衰え、

連想を言いたくなってしまう現象なのだそうで。
 だから脳の働きがにぶる深夜になるにつれ、多発するそうだ。

うんざりさせられたことがある人も多いだろうけれど、

脳の現象なのだから大目に見てあげて欲しい。

というのも、わたしがおやじギャグ派だからというのではなく、

仕事場でちょっとおどけたり、話題を提供したり、おやじギャグを披露したりして、

笑いを運ぼうとしてくれる人の、その気遣いを素晴らしいと思うからだ。
(たんに好きだからという人も多いと思うが)。

賢さの定義はまだまださだまらないが、

朝、ほんのちょっと笑顔をひきだしてくれる人を、わたしは賢いと感じる。

転じて、ユーモアのある人は、そうじて賢い人が多いと思う。

 文壇、政財界の双方で、のぼりゆく人々を見ていると、

やはりみなさん、笑顔で、明るく、遊び心をもっている点が共通している。

それも、人よりも一段レベルが高い。

人よりもちょっといい笑顔で笑う。

人よりもちょっと明るい。

人よりもちょっと遊び心をもっている。

お金もいらないし、それほど難しいことではないが、

これを意識しているのとしていないのでは、人生に大きく差がでる。

いまの日本に、とても大切なことだと思う。

今日のひと言
『笑い、明るさ、遊び心。これらに即効性はないが、効果は絶大』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする