『強いようでもろい』

経済同友会の東北ブロック会議にて秋田にいった際、
千本倖生(せんもとさちお)さんにお会いした。

auの前身である第二電電公社を、稲盛和夫さんと立ち上げた方だ。

電電公社(現NTT)の独占を崩そうとお二人で決意され、
喫茶店で稲盛さんが、千本さんに1500億の投資を決めたというから豪儀な話である。

またそのとき、千本さんは6畳のオフィスに秘書が1人だったというから、
どういう感覚なのか、ちょっと想像しがたい。

もっとも、稲盛さんに近しい方にお話をうかがうと、
「稲盛さんは1500億投資したと言ってる」とのことで、

いっぽう、千本さんのご講演をきくと、
「1000億ちょっとしか投資してもらっていない」とおっしゃられていたから、

実際にお会いすると超人ではなく、人間くさく、親近感のわく方だった。
 (ただ、かもしでるオーラは凄い)

話はもどるが、
千本さんとほんの少しだがご挨拶する機会があり、わたしは、
「どうして電電公社の独占が許せなかったのでしょうか」と質問した。

千本さんは電電公社出身である。

つまり討ち果たそうとしている会社に、
長いこと勤められていた。

電電への入社は当時、京都大学卒の花形就職コースだったということだし、
電電時代、千本さんは大企業で働いているという誇りをもっていたそうだ。

ところが、それがアメリカ留学で一変したという。

大学寮に入り、敬虔なクリスチャンの青年と同室になった千本さんだが、

しばらくしたある日、

「日本でどんな仕事をしているのか」

そう青年に聞かれ、

胸を張って「日本で唯一の通信会社で働いている」とこたえたそうだ。
(黒電話の当時、日本に電話会社は電電しかなかった)

すると青年が顔をゆがめ、

「ダム! シット!」と吐き捨てたそうだ。

千本さんはとても驚いた。

いつも穏やかな同居人が、なぜそんな汚い言葉づかいをしたのか、忘れられない衝撃だったという。

そして千本さんは、独占という形態が、
社会に害悪をもたらすという価値観を知ることになる。

日本では、独占が悪になるという話は、
ほとんど無視をされているきらいがある。

学校でもあつかわれた思い出がない。

たまにニュースで独占禁止法という言葉をきいて、
「ああ、なんだかちょっと悪いことなんだな」と思うくらいではないか。

千本さんと話し、
一個の人間の価値観はじつに狭く、もろい面があると知った。

大企業のエリートのプライドといえど、同居人のひと言で変わってしまう、
それくらいあやふやなものが価値観といえる。

だから「あの人の価値観が理解できない」と

まるで絶縁状のごとき使い方を、よく耳にするが、

価値観というものは、もろくもあり、

それをもって、相手との一生の関係性を判断してしまうそれは、
たいへんあやういのではないだろうか。

価値観を強固とみるそれは、四角四面にものを見ることであり、

ともすれば価値観を決定的としてしまうが、

じつは流動性があって、変化するものだという視点は、忘れずにいたい。

価値観が合わない人は、己の盲点をついてくれる。

完璧な人間は存在しないのであって、

やはりそこには一理あるのだから、

なんでも学びにする心を持ち合わせていたい。

でなければ、衝突ばかりになってしまう。

国と国のように。

日々ニュースで流れる、国のいさかいを、

すこしでも嫌だと思うのであれば、

隣人の価値観を許さないのではなく、

共存に努力することで、

また一歩前に進めるのだとおもう。

今日のひと言

価値観はあやふやである。振り回されない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする