『財布を落とす。。』

すこしまえ、財布を落とした

ひさかたぶりで味わう、あの嫌な感じである。

落としたとわかりつつ、

家に置いてきたかも、いやバッグの底かもと、可能性を潰していく。

でも、ない。。

時刻は夜9時。

遠くから遊びに来てくれた小学三年生の長女が隣におり、

「ちと時間は遅いが、本とアイスでも買って帰ろうか」なぞと、

理想の父のセリフをのたまわったばかりだった。

失敗した手品師のように、汗をかきながら全身をパタパタするわたしを見て、

長女が不安げに「本、買えないの?」と上目遣いに聞いてくる。

(↑こんな感じ)

頭の中は、

「いやいや、本どころじゃなくてね、

キャッシュカードにクレジットカード、現金○万円、

そうそう運転免許証って無くすと厄介なんだよ。しってる?

まてよ、会社のセキュリティカードも2事業所分もっていた。

こいつはイカンぞ」

といったところだった。

だが生来のんびり屋なところもあって、

上に立つものは、迷いや不安、焦りなどをみせるべきではない

そう会社でいつも言ってるじゃないか、などと、

格言めいたことを思い、自分を落ち着かせた。

夜の街を長女と手をつなぎ、散歩をよそおいながら

血走った眼で道路をながめ、往復する。

一度、、、、、、二度。。。。。

ない。。

手があせばんでベタついてくる。

「もし見つかってもさ、お金なくなってるかもね」とわたし。

心がダメージを負わないように、予防線を張っている。

すると、「そうなんだ。からっぽなのかもね」と長女の軽い返事。

やっぱり、ない。

とうとう自力での捜索をあきらめ、警察へいった。

すると、、、、、、、

「届いてますよー」とおまわりさん。

財布無くしたくらいで、おたつかないぞと思っていたのはどこへやら。

この安堵感といったら、おどろくほどで、

自分の器がミジンコ級だとあらためて思い知った。

だがまだ油断はできない。

中身がそのままとは限らない。

日本が貧しくなっていると言われているこのご時世。

半分くらいは残っているか、いやいや全部空っぽと思えと、

次なるショックにそなえて、気を張った。

「はいどうぞ」

手続きを終えて、中をあけると、、、、、、

全部ある。。。。

そのまま。。。

手つかず。。。

うそ。。。。

けっこう入ってたよ。

1万円くらい抜かれてもいいくらいには入ってたよ。

探索中の小一時間で、

社会は暗いとか、貧しいとか、世の中は冷たいとか、

いろいろ世をななめに見ていた自分に、

大反省。

本当に、穴があったら入りたかった。

そこで言いましたとも、ええ。

「拾った方にお礼がしたいんですけど! この素晴らしきかたに!」

すると、おまわりさんは言いました。

「個人情報のアレで、教えるのダメなんです」

まじか。。

この恩を返さねばならない熱い気持ちは、どこへもっていけば?

おまわりさんが言いました。

「もしあなたが財布を拾ったら、そのまま届けてください。

それが巡りめぐって、その人のもとに、なにかの形で返りますから」

もう涙が出そうになりました。。

小学生の長女を横に、じぶんの醜い姿と、世の中の温かさを見せつけられ、

おおいに感謝し、おおいに反省しました。

もっともっと有名にならないと、この話はその方には届かない。

でもいまは、この場を借りて言いたい。

名もなきヒーロー、本当にありがとうございました。

金銭ではなく、わたしはあなたから、

世の中は、おもってるよりずっと温かいということを教えられました。

わたしも、世の中が明るいと思える人をたくさん増やせるよう頑張ります!

今日のひと言

世の中、思ってるよりずっと素晴らしい

※長女は本とアイスでご満悦でした。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする