『ウサギとカメ2 ~ラビット・ライジング~』

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

ハリウッド風の題名ではじめてみたが、

童話『ウサギとカメ』

この話につづきがあることをご存じだろうか。

① なんでもできると勘違いしたカメが、空を飛ぶことに挑戦し、崖から落ちて砕け散る。

② カメに負けたことで、ウサギはウサギ界から追放され、失意のうちに死ぬ。

ネットに落ちている話は、
なぜか暗い結末が多い。

わたしが好きなのは以下の話だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

対戦の翌日、

もう一度、対決をすればウサギが勝つのは明白で、とうぜん、ウサギは再戦を申しこんだ。

ウサギ「カメくん、お願いだからもう一回やらせてもらえないだろうか」

カメ「いいよ」

ウサギ「やった! 次はまけないぞー!」

カメ「そのあと、およぎっこしようね」

ウサギ「え!」

泳ぎではカメに勝てるはずもないウサギ。

おもわず返答に窮すると、

カメ「ぼくね、かけっこは苦手だけど、泳ぐのは得意だから、ウサギさんを背中に乗せてあげるよ」

ウサギ「????」

カメ「ぼくね、ウサギさんといろんなことして遊びたいんだ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝った、負けたではなく、楽しんだほうがいい。

どこで聞いたか忘れてしまい、さらにはだれが作ったかも定かでないが、ちょっといい話だ。

ちなみに『ウサギとカメ』は新人研修で題材として、もちいられることがある。
(もちろんそのままではなく、仕事におきかえてだが)

どちらになりたいか、新人へきくと、

  • <じっくりコツコツ、のんびり派のカメ>
  • <失敗はするけど、バリバリ派のウサギ>

日本人はやはりカメに共感する人が圧倒的に多い。

そんなときに、わたしがいつも言うことがある。

「正解はウサギ」

「え!」

「寝ないウサギになればいい」

もちろん優劣はないのだが、こう言うとかれらは、

自分で決めていい道もあるんだと、

すこし気づいてくれるようである。

だが昨今、

長時間労働が社会問題になり、

個人の価値観が多様化してきたから、

「寝ないウサギというのはね、寝ないで働きなさいという意味ではなくて、油断しないということだよ」

こうまわりくどい説明をしなければ、

研修員はおもわぬ目にあうかもしれない。

以心伝心、

阿吽(あうん)の呼吸、

それらは理想かもしれない。

けれど、ウサギとカメ2のような話を受けて、

「寝ないで働けと言われました」と、

浅はかに言ってしまうような、

そんな狭い価値観にだけは、

なりたくないものである。

させたくないものである。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

今日のひと言

勝ち負けよりも、楽しめたかどうか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする