【シン説】はじまり ~ 自己紹介にかえて ~

人を頷かせたいなら、偉人の言葉を借りればいい。

偉人になりたいならば、自分の言葉で話せ

30歳くらいのときに、創った言葉かと思う。

忘れたつもりでは無かったが、

いつのまにやら、

日々の忙しさに追われ、

こだわりを失い、

似ていたり、

どこかで聞いたことのある言葉をつくったとしても、

気にとめない自分がいた。

そんなときに、経営の師匠から、

「おまえの話は面白いけれど、他人の言葉ばかりだ」

そう言われ、

はたと、我が身をふりかえる機会をいただいた。

いつまでも若いつもりでいるが、

人生の折りかえしも間近。

自分の考えを述べるときに、

ひと様の言葉を引用するのは、もうやめようと考えた。

つまるところ、

ひとの言葉を借りるということは、自分の考えに自信が無い

ということの証明だからだ。

さいわい、物語以外にも、

書きたいことはあふれるほどある。

物語に乗せ、うるさくなく、伝わるのが理想だけれども、

もっと直接に訴えてもいいのではないかと考えるようになった。

また、はじっことはいえ、

わたしは文壇と経済界の双方に籍を置く。

どちらの世界でも、

みなさまに珍しがっていただき、可愛がっていただき、

頭の下がる毎日だが、

二つの世界で、なかなか聞けない、

有難いお話をたくさんいただいている。

「あなたにしか見えていないものがあるから、それが知りたい」

そのようなお話もたくさんいただくようになり、

「この経験を、我が身ひとりのものとしてよいものか」

「なにか身になることがあるならば、広く役立てていただくのが、わたしの役目ではないか」

そう思うようにもなった。

※ただし、本ブログで話題にあがる方々は、著名な方々がほとんどのため、許可を得た方以外は、会社名、実名等を伏せた形で記すことになる。ご容赦ねがいたい。

本ブログの、メインカテゴリーは、

「シン説」

真説、新説、心説、伸説、そんな意味だが、

文学と経営の双方の立場から、

わたしが日々考え、

たどりついたこたえを記していく。

サブカテゴリーは、

「話す力」

「書く力」

現在わたしが、作家以外に肩書を六つもち、取締役や社長を兼務しているのは、

もちろん周囲の方の協力あってこそだが、

おそらくこれらふたつの力に負うところも、たいへん大きい。

わたしは凡人である。

特別な才能を持っているなどとは、夢にも思ったことがない。

ただ、一歩一歩すすんできただけである。

だから、同じ悩みをもつ方には、

きっと活かせるところもあると思う。

おまけとして、

「物語のお知らせ」

「人生を豊かにする小説」

「人生を豊かにする映画」

これらは、かたい話ばかりでは飽きるので、

かたくるしくなく書いていこうと思う。

最後になるが、

ブログとは無人島で開業するようなものとはよく言ったもの。

はたして、この言葉がだれに届くのか、まったく未知数だが、

明るい未来を目指して、

言葉をつづっていく。

だれかの役に立てると信じ、書き記していく。

今日のひと言

明るい未来を創る


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする