【物語のお知らせ】 番外編『子らよ、なぜ父の本を読まぬ!』

この門をくぐるもの、一切の希望を捨てよ

とはダンテ『神曲』の中に登場する、地獄門に刻んである言葉だが、

もじって使わせていただくなら、こう言いたい。

『我が子に本を読ます作家よ、一切の希望を捨てよ』

絵本を書いたのである。

かなり、がんばって書いたのである。

ふだん、仕事ばかりで遊んであげないダメな父親だから、

忙しい合間をぬって、

そうだ。おれだけにしかできないことをしよう」と思いたち、

子供たちを主人公にした絵本を書いた。

40ページである。

これに娘たちが絵をつけてくれて、

娘たちと合作なんて素敵じゃないか

大きくなって、これを見て涙したりして

などと、ひとり、

にこにこしながら机にむかい、脱稿した。

ところが、、、、

ちっとも読んでくれない。

。。。。。。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。。。

えッ!

うそ!

なんで!

ぜんっぜん読まれない!

1ページくらいしか読んでくれない!

そんでもって、

おもちゃの横とかにうち捨てられる!

うそだ。。。。

だって、父ちゃんけっこう気合いれたよ?

これでもプロだよ?

できもいいと思うけどなー。

見せ場もあるよ?

きみたち主人公だよ?

なんで? どうして?

などと、幼い子どもたちに負けないくらい疑問いっぱいでいると、

小学校1年生の次女がひと言

「長いんだよねー」

。。。。。

たとえれば、娘たちが部長、わたしは新入社員になった感じだろうか。

わたしは、今回失敗したプロジェクトについて必死に弁明する。

すると、部長がいう。

「ちみー、プロセスじゃなくて結果がすべてだよー」

「いや、部長、結果はそうなんですが、ここのところがいままでとチガイマシテ・・・」

「あのさー、ちみに言いたいのはさー」

ええ、ええ。

わかってますよ。

すべて言い訳だって。

言い訳してるヒマがあるなら、次を書けって。

だって、すべての原因は、

作品が面白くないことにあるから

わかってる。すごくよくわかってる。

でも、傷ついた。

絵本を書いておきながら、

「ちょっと子どもにはむずかしかったかな」なんて、矛盾も言ったけれど、

こころの中はこんなでした。↓

かりにも日本ファンタジーノベル大賞・優秀賞なるありがたいもの(←これ、なんかいい略し方ないですかね)をいただいた作家としては、

いや、そうでなくとも、ナイーブな心は、ズタズタでした。

でも、あの激辛の娘たちに面白いって言わせたら、百万部売れそうな気がするので、

もう一度挑戦すると青空に誓った、今日この頃でした、まる。

※ちなみに絵本の題名は、子どもたちの名前をもじって『ナジハミドンの大冒険』と言いました。

今日のひと言

『我が子に本を読ます作家よ、

一切の希望を捨てよぉぉぉぉ!』


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする