『賈誼の名言』【世界の名言】

『賈誼(かぎ)の名言』

『愛出ずる者は、愛返る』

(訳)

愛する者は、愛される。

出典は前漢、『新書』春秋。

記したのは賈誼(かぎ)。

ビートたけしさんのものだったと思うが、

『友達が助けてくれない? バカヤロー! おまえがまず助けてやったのかよ!』という言葉がある。

なにかを欲っするなら、さきに、そのものを与えねばいけない。

頭ではわかっている。

しかしこれほど実践がむずかしい言葉もないだろう。

というよりも、この順番をまちがえてしまう人がほとんではないだろうか。

わたしも、何回も心に言い聞かせるのだ。

『妻が冷たいのは、自分が冷たいから』

『儲からないのは、人を儲からせていないから』

『知識を求めるならば、まず知識を出す』

『子どもが言うことをきかないのは、自分が話を聞いてあげていないから』

『利を先に考えない。徳がさき』

しかし、いざそのときになると、すっぽりと頭から抜け落ちてしまう。。

手痛い教訓として覚えているのは、はじめて講演依頼をいただいたときだろうか。

わたしは、打ち合わせの終わりに、

「一回の講演はこれこれ、これくらいでお受けしています」と口走ってしまった。

当然のことではあるが、いま思い出しても赤面ものである。

そのときの、打ち合わせ相手の失望した顔は、いまでもおぼえている。

『この人、金目当てなんだ』、という顔。

以来わたしは、知り合い経由の講演であれば、

かならず1回目を無料でお受けするようになった。

まず、たくさんの人に考えをきいていただけるだけでありがたい。

新たなご縁を頂戴できるだけで身に余る喜び。

それを学んだからだ。

まあ、無料ばかりでは生活が成り立たないので、二度目からは、そうはいかないのだけれども。。

(おまけ)

原文は

『愛出ずる者は愛返り、福往くものは福来たる』


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする