【話す力】〜 話し方がみるみるうまくなる方法 〜 『序章』

体、頭、心、人にはさまざまな能力がある。

その中で、人を動かす最もたる力。

それが「話す力」だ。

書く力にくらべれば、記録に残りにくいが、

影響力たるや、これに練達した人間は、

おなじ人間とは思われぬ、超人のごとき雰囲気をもつ。

良くも悪くも、歴史に名を残す人物は、話す力が群を抜いている。

このカテゴリーでは、話し方がうまくなる方法から実例なども紹介していくが、

なぜにそのようなことを思い立ったかといえば、わたし自身が口ベタだったからだ。

口数がすくなく、人と話すのがおっくうで、しかし高校のときに演劇に出会い、大勢のまえで話す喜びを知った。

(その後、県大会で個人演技賞までいただくのだから、人生とはわからないものだ)。

その後、プールのコーチになった際、その経験が活き、

またそれらがあいまって、さらにその後の研修やスピーチに活かされた。

話し下手な男が、いまでは大学や商工会議所、内閣府の出先機関などで、講演をするまでになるのだから、話す力とはかくも凄まじい。

偉人ならずとも、話す力を鍛えれば人生は上向く。

仕事では効果てきめん、話す力は、家族においても関係を円滑にたもつ特効薬である。

わたしが習い覚えた話す技術は、独り占めするような虎の巻でもないし、

スピーチのうまい方には退屈な基礎の話かもしれない。

だがわたしのように、苦手が足かせとなり、本来の力を発揮できない方が、

一歩を踏み出せるその力になれれば嬉しい。

今日のひと言

話す力は、人生を上向かせる最高の力のひとつ