「 【世界の名言】 」一覧

『いきづまったときに光明をさしてくれるデカルトの言葉』【世界の名言】

『いきづまったときに光明をさしてくれるデカルトの言葉』【世界の名言】

人が大きく成長するには、優れた人物と多くの時間を過ごすのがよい。だが現実には、そのような人物と巡り合えることは少ないし、まして一緒に過ごせることなどは皆無だ。そのようなときにデカルトの言葉が、ひとつの道を示してくれる。わたしたちは居ながらにして、優れた人物の考えを、魂を知ることができる素晴らしい世界に生きている。

『世界に嫌気がさしたとき、支えてくれるネルソン・マンデラの言葉』【世界の名言】

『世界に嫌気がさしたとき、支えてくれるネルソン・マンデラの言葉』【世界の名言】

スキャンダルや事件、国と国との争いのニュースを見ていると、ふと、活力をうしなうことはないだろうか。元気を出そうと、そのままであろうと、原因であるニュースに影響はおよぼさない。自分の人生だけがわりをくうが、影響をうけてしまうことは避けようがない。そうしたときに、ネルソン・マンデラの言葉が勇気をくれる。

『怒りそうになったときに自制できる、マハトマ・ガンジーの言葉』【世界の名言】

『怒りそうになったときに自制できる、マハトマ・ガンジーの言葉』【世界の名言】

生きていればこそ、人は衝突する。しかしその際に生まれる怒りは、己にも周囲にも多大な負担を強いる。場合によっては、長年のあいだ、そのストレスを抱えることもある。解放されるには、相手を許さねばならないが、それをできる人とできない人がいる。そのちがいを端的にマハトマ・ガンジーはあらわしている。

新しいことをはじめるときに知っておきたい『孟子の名言』【世界の名言】

新しいことをはじめるときに知っておきたい『孟子の名言』【世界の名言】

なにかを欲するさいに、すべての人がまちがえてしまう「順番」。なにかを欲するときは、先に与えなければいけない。孟子の名言は、それをやさしく教えてくれる。作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】。【世界の名言】より今回は『孟子の名言』を紹介。

『賈誼の名言』【世界の名言】

『賈誼の名言』【世界の名言】

人はどうしても順番を間違えてしまう。与えるのではなく欲してしまう。話をきくのではなく、しゃべってしまう。しかし大事なことは、自分がなにかをしたから、なにかが返ってくるという法則で世の中ができているということ。作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】。世界の名言より『賈誼(かぎ)の名言』。

『顔之推の名言』【世界の名言】

『顔之推の名言』【世界の名言】

『顔之推の名言』作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】【世界の名言】より。あの人は才能がある、自分には才能がないとよくよく耳にするが、本当はそうではない。努力できるのが才能ともいうが、それもちがう。大切なのは才能のあるなしに、とらわれないこと。

『エミリー・ブロンテの名言』【世界の名言】

『エミリー・ブロンテの名言』【世界の名言】

世の中にはさまざまな人間がいる。努力をやめてもいけない、あきらめてもいけいないけれど、それぞれが有限の人生のなかで生きている。トラブルに見舞われたときに、この言葉が助けになってくれる。『エミリー・ブロンテの名言』。作家・冴崎伸のブログ【人を活かす言葉】。【世界の名言】。