「 2017年09月 」一覧

『心の段階』

『心の段階』

技術の習得はマニュアルがあり、体系になっているが、心についてはついぞ、そのようなものがない。だが人は、心という主人にふりまわされて、日々悩みもする。重い物をもてば体が強くなるのと同様、心についても鍛える方法論というものが必要だろう。また将来、心の技術はたいへん重要になるだろう。

『いきづまったときに光明をさしてくれるデカルトの言葉』【世界の名言】

『いきづまったときに光明をさしてくれるデカルトの言葉』【世界の名言】

人が大きく成長するには、優れた人物と多くの時間を過ごすのがよい。だが現実には、そのような人物と巡り合えることは少ないし、まして一緒に過ごせることなどは皆無だ。そのようなときにデカルトの言葉が、ひとつの道を示してくれる。わたしたちは居ながらにして、優れた人物の考えを、魂を知ることができる素晴らしい世界に生きている。

『死を降らす星』【物語のお知らせ】

『死を降らす星』【物語のお知らせ】

短編、書きあがりました。『万象』という電子レーベルで10月下旬発売です。日本ファンタジーノベル大賞の歴代受賞者たちによる巨大アンソロジーにおさめられています。核戦争後、高校三年生の矢代開斗(ヤシロカイト)は、幼なじみの欠席をきっかけとし、世界の成り立ちに疑問をもちはじめる。放射能の嵐から世界を再生した「かれら」とはなんなのか。かれらが遺した不可解な五つの超技術の役割はなにか。

【人生を豊かにする小説】 ~序章~

【人生を豊かにする小説】 ~序章~

【人生を豊かにする小説】カテゴリーの紹介。なろうことなら、楽しみながら人生を良い方向に変えていきたいとだれもが思うはずだ。本は、そのためのわかりやすい道である。本を娯楽のひとつとみるのもいいが、本には偉大な力がある。その偉大な力を、ひとつひとつ紹介していきたい。

『言葉に救われる』

『言葉に救われる』

なにげないひと言が、人の運命を変えることがある。たったひとつの文章が、生き方を激変させることがある。水泳コーチをしていた20代半ばのとき、クロールを習いにきたカナヅチのおばあちゃんが、わたしにかけたひと言。冴崎伸のブログ『人を活かす言葉』より【シン説】『言葉に救われる』